2013年05月28日

河野千鶴子さん、ダウラギリで遭難か

河野千鶴子さん、ダウラギリで遭難か

河野千鶴子さんはセブンサミッターの看護師。第31回日本登山医学会学術集会で
特別報告をお願いしております。
無事であることを祈念します。

日本登山医学会事務局

http://digital.asahi.com/articles/TKY201305270749.html?ref=comkiji_redirect
ヒマラヤで邦人遭難か 女性登山家、連絡絶つ

 世界7位の高峰、ネパール・ヒマラヤのダウラギリ1峰(8167メートル)
で日本人女性1人を含む数人が行方不明になっていることが27日、明らかに
なった。この日本人女性は、世界7大陸最高峰登頂に成功している東京の登山家
河野千鶴子さん(66)とみられている。
 ネパール観光省やカトマンズの山岳関係者などによると、同峰の第4キャンプ
付近で雪崩の跡があり、登山中の3〜4人のパーティーの消息が不明になってい
るという。
 河野さんの夫の昌治さん(66)によると、25日午後にネパールの日本大使
館から「22日から千鶴子さんと連絡が取れなくなっている」と連絡が入った。
さらに27日午後には千鶴子さんが所属する山岳団体のメンバーから「山の8千
メートル付近で2人の遺体が見つかった」と連絡があったという。千鶴子さんは
個人でネパールへ登山に出かけたという。
 河野千鶴子さんは日本勤労者山岳連盟理事の1人。連盟関係者によると、エベ
レストをはじめ多くの高峰に登頂しているという。
 ダウラギリでは2010年には日本人登山家3人が雪崩で遭難。1人の死亡が
確認され、2人は行方不明のまま捜索が打ち切られる事故が起きている。
 2013年5月28日(カトマンズ=近藤幸夫、ニューデリー=庄司将晃)
posted by 事務局 at 08:58| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: