2011年11月22日

野外遠征医学クラスタ・八ヶ岳クラスタ

今週末に開催される野外遠征医学クラスタの詳細スケジュールをアップしました。
http://www.jsmmed.org/pg83.html
土曜日の夜には山岳気象でおなじみの猪熊氏による無料ナイトセッションもあります。
申し込みは21日に一旦閉め切っておりますが、空きがありますので、参加希望の方はdimmEnsei@jsmmed.orgへお問い合わせ下さい。
※注意※無料セッション含め、参加者はDIMMエントリー者に限らせていただきます。

また、来年1月の八ヶ岳クラスタの募集も始まっております。
http://www.jsmmed.org/pg102yatsugatake.html
すでにエントリーされた方へは、案内をお送りしておりますのでご確認下さい。
posted by 事務局 at 13:14| Comment(3) | 認定山岳医

2011年11月21日

国際山岳医の活動取材

国際山岳医・大城医師の活動が放送されました。
http://www.dailymotion.com/video/xlhbrl_yyyyy_news
posted by 事務局 at 12:19| Comment(0) | 認定山岳医

2011年11月08日

学会認定山岳医札幌クラスタ

来年2月に開催される札幌クラスタの要項をアップしました。詳細
posted by 事務局 at 08:29| Comment(4) | 認定山岳医

2011年11月04日

認定山岳医研修会・野外遠征東京クラスタ募集開始

11月26−27日に開催される日本登山医学会認定山岳医研修会、野外遠征東京クラスタの募集を開始いたします。国際認定医を目指される方が対象となります。詳細
posted by 事務局 at 09:18| Comment(0) | 認定山岳医

2011年10月03日

日本高気圧環境・潜水医学会のご案内

第46回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会会長の柳下和慶先生からの案内を転
送します。

認定山岳医研修会で講師を努めていただいている、登山家の竹内洋岳さんも参加
するようです。竹内洋岳さんは、カラコラムで高度差300m雪崩で流され血気胸・
腰椎圧迫骨折で奇跡的に空路搬送されたことがありましたが、その入院先が、柳
下和慶先生のところの医科歯科大学病院だったのです。

増山茂 日本登山医学会事務局

*********************
私は、東京医科歯科大学医学部附属病院高気圧治療部部長、柳下和慶と申し上げ
ます。
突然のご連絡を失礼申し上げます。
このたび、第46回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会を主催させていただくこ
ととなりましたが、10月30日(日)には市民公開講座を開催させていただきます
ので、誠に勝手ながらご案内を申し上げます。

高気圧酸素治療は、登山関連では凍傷や低酸素脳症の適応がありますが、残念が
ら広く一般の方々に周知されている治療法とは言えません。
今回、「高気圧酸素治療を知っていますか? −治療の魅力と期待−」のテーマ
にて市民公開講座を設け、本治療法を登山関連の皆様にも広く知っていただく機
会となればと考えております。

昨日、幸いにして登山家竹内洋岳様がチョー・オユーの登頂に成功致しました。
今回の市民公開講座では竹内洋岳様もお迎えしての公開講座となります。
登山家の皆様は、特に酸素の重要性や力を体感しており、竹内様には「酸素の
力、高気圧酸素の力 8,000m超登山の経験から」として、今回のチョー・オユー
の登頂の話題も含め、酸素の力について、また無酸素登頂に関連するご講演をお
願いする予定となっております。

学術総会HP:http://www.2011jshum46.jp/
市民公開講座HP:http://www.2011jshum46.jp/kouza.html

第46回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会会長
柳下 和慶
**********************
posted by 事務局 at 17:30| Comment(0) | お知らせ

2011年09月28日

NHKラジオ 2011/09/30(金) 22:00- 大城和恵先生

NHKから電話がありました。
なにかとおもいましたら、NHKラジオの全国放送で、22:00から毎日やっている、
NHKジャーナルという報道番組があります。
2011/09/30(金)22:00- このNHKジャーナルで、10分間ほど大城先生の認定山
岳医活動が取り上げられるようで、このシステムに関するいくつかの補足確認点
の問い合わせでした。
大城先生、山かどっかに行っているらしく、電話で連絡がとれないらしい。
前もって言ってくれればいいのに。

日本登山医学会事務局
posted by 事務局 at 23:42| Comment(0) | お知らせ

2011年09月26日

10月1日東京クラスタスケジュール

現時点で予定している講義と時間割、講師です。変更になる場合もあります。
低酸素室での低酸素実習は、パルスオキシメータをご準備下さい。主催者で若干準備しますが、受講生全員分はありません。

2011年10月01日(土)
○高所医学生理学の歴史9:00-9:30 理論 増山茂(東京医科大学)
○栄養学 9:30-10:00 理論 大野秀樹(杏林大学)
○水難 10:00-10:30 理論 夏井裕明(日本女子体育大学)
 休憩
○凍傷・低体温 10:40-1140 理論 大城和恵(心臓血管センター北海道大野病院)
○熱中症・日焼け 11:40-12:30 理論 大城和恵(心臓血管センター北海道大野病院)
  昼食休憩
○渡航医学 13:30-14:30 理論 濱田篤郎(東京医科大学)
○国際感染症 14:30-15:20 理論 濱田篤郎(東京医科大学)
 休憩
○高所(低酸素)への適応 15:30-16:00 理論 増山茂(東京医科大学)
◎国際登山組織 16:00-16:20 理論 大城和恵(心臓血管センター北海道大野病院)
関連持病1
○*内分泌疾患・腎疾患 16:30-17:00 理論 上小牧憲寛(国際医療福祉大学)
○*登山者検診ネットワーク 17:00-17:20 理論 堀井昌子(神奈川県予防医学協会)
○小児 17:20-18:00 理論 瀬戸嗣郎(市立岸和田市民病院)
18時から懇親会

2011年10月02日(日)
○*呼吸器疾患・高地肺水腫 9:00-9:50 理論 小林俊夫(鹿教湯病院)
○現場鎮痛処置 9:50-10:30 理論・実習 斉藤繁(群馬大学) 
○ストレス対応策 10:30-11:00 理論 橋本しをり(東京女子医科大学)
○低酸素室での滞在と運動を体験 11:00-13:00 理論・実習 安藤隼人(ミウラドルフィンズ)/横井麻理(了徳寺大学)
  昼食休憩
関連持病3
○*神経疾患 13:00-13:30 理論 橋本しをり(東京女子医科大学)
○*循環器疾患 13:30-14:00 理論 高山守正(榊原記念病院) 
○山のリスクマネージメント 14:00-14:50 理論 青山千彰(関西大学)
 休憩
○気象(日本の山岳気象の特徴) 15:00-16:00 理論 猪熊隆之(メテオ)
○法律問題・山岳保険など 16:00-16:30 理論 黒川恵(アルパインツアーサービス)
○携帯救急医療品 16:30-17:30 理論・実習 志賀尚子(日本医科大学)/貫田宗男(ウェックトレック)  
posted by 事務局 at 14:26| Comment(0) | 認定山岳医

2011年09月17日

東京クラスタの募集を開始しました。

詳細はこちらをご覧下さい。学会認定山岳医へエントリーされている方へは、メールでお知らせしておりますが、エントリーされていない方も東京クラスタから受講可能です。認定山岳医制度についてはこちら
posted by 事務局 at 17:07| Comment(0) | 認定山岳医